河野 正規

かわの まさき
Masaki Kawano
東京工業大学理学院化学系
教授
A02

専門分野無機化学・錯体化学
公募班(2020-2021)

発光性ネットワーク錯体の励起構造の解明

キーワード
配位高分子、結晶化学、励起構造、発光
関連する研究者
研究協力者: 岩村宗高(富山大学理学部化学科、講師)
研究協力者: 大津博義(東京工業大学理学院化学系、助教)

研究概要

本研究代表者は分子間の弱い相互作用を利用して金属イオンと架橋配位子を速度論的に自己集合して様々な細孔性ネットワーク錯体の合成を行い、特異な物性と構造との相関を明らかにしてきた。速度論的に得られるネットワーク錯体は準安定なソフトクリスタルであり、機械的刺激や加熱などの外部刺激に応じて柔軟な構造変化を示す。今回、銅錯体と4座ピリジン配位子を速度論的に自己集合することにより得られた準安定な細孔性ネットワーク錯体を加熱することにより、強く発光する結晶性粉末が得られた。

構造変化による発光強度の増強

本研究では、その場観察X線回折法により光定常状態のネットワーク錯体の構造を決定し、過渡吸収分光法および理論計算と組み合わせることにより強い発光の起源を解明することを目的とする。

研究業績


関連ウェブサイト
連絡先
mkawano@chem.titech.ac.jp