嘉部 量太

かべ りょうた
Ryota Kabe
九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター
助教
A02

専門分野有機光エレクトロニクス・錯体化学

ソフトクリスタルにおける光誘起電荷分離・電荷再結合発光過程の制御

キーワード
有機蓄光、ソフトクリスタル、電荷分離、電荷再結合、エキサイプレックス

研究概要

有機蓄光システムは、可溶性、透明性、柔軟性など既存の無機蓄光材料では困難な特徴を付与可能であり、室温下で1時間を超える発光持続を示す。この発光は、電子ドナー材料と電子アクセプター材料間の光誘起電荷分離、電荷保持、電荷再結合過程を経由した新しい発光メカニズムに基づいている。しかしながら、分子間の電荷移動遷移による発光であるため、光誘起電荷分離および電荷再結合発光の効率が悪い。また、蓄光の保持時間が短く、大気への安定性も不十分である。そこで本課題ではソフトクリスタルの概念を応用し、現在のアモルファス膜を利用した有機蓄光から、結晶状態を利用した有機蓄光へと発展させ、結晶中での長距離電荷拡散による蓄光持続時間の延長、密なパッキングによる大気安定性の向上、電場、熱、力学エネルギーといった外部刺激による発光特性の制御を実現する。

有機蓄光の発光メカニズム
ソフトクリスタル有機蓄光システム

代表的な研究業績

研究業績


関連ウェブサイト
連絡先
kabe[at]opera.kyushu-u.ac.jp