石川 立太

いしかわ りゅうた
Ryuta Ishikawa
福岡大学理学部
助教
A03

専門分野錯体化学・分子磁性
公募班(2018-2019)

磁性・電気伝導性交差相関物性型ソフトクリスタル素子の創製と光物性制御

キーワード
多重機能分子、外部刺激、ソフトクリスタル、スピン転移、電気伝導性
関連する研究者
研究協力者: 川田知(福岡大学理学部、教授)

研究概要

多機能性分子の物性を物理的刺激により高速且つ高効率に制御するためには、規則的な分子配列と周期構造を併せ持ち、且つ物理的刺激に対し鋭敏に相転移や構造変換が可能な剛直性と柔軟性を兼ね備えた分子設計が求められる。本新学術領域研究では、配位 (共有) 結合と静電的相互作用 (非共有結合) を巧に利用して、異方的剛直性と柔軟性を兼ね備えた磁性・電気伝導性交差相関型多重物性ソフトクリスタルの構築並びにその光機能制御のための基盤技術を確立する。さらに、その分子を用いたデバイス化についても検討する。

異方的剛直性と柔軟性をもつ多重物性型ソフトクリスタルの構築
磁性・電導性多重物性型ソフトクリスタルの光物性制御

研究業績

査読付学術論文

A03-22

  1. "Simultaneous Spin Crossover Transition and Conductivity Switching in a Dinuclear Iron(II) Coordination Compound Based on 7,7’,8,8’-Tetracyano-p-quinodimethane" R. Ishikawa, S. Ueno, S. Nifuku, Y. Horii, H. Iguchi, Y. Miyazaki, M. Nakano, S. Hayami, S. Kumagai, K. Katoh, Z.-Y. Li, M. Yamashita and S. Kawata, Chemistry – A European Journal, 2019, 6, 1161.
  2. "Supramolecular Self-assembled Coordination Architecture Composed of a Doubly Bis(2-pyridyl)pyrazolate Bridged Dinuclear CuII Complex and 7,7′,8,8′,-Tetracyano-p-quinodimethanide Radicals" R. Ishikawa, S. Ueno, H. Iguchi, B. K. Breedlove, M. Yamashita and S. Kawata, CrystEngCommn, 2020, 22, 159-163.
  3. "Versatile Coordination Architectures of Products Generated by the in situ Reaction of a Doubly Bis(2-pyridyl)pyrazolate Bridged Dinuclear Copper(II) Complex with Tetracyanoethylene" R. Ishikawa, S. Ueno, Y. Hamatake, Y. Horii, Y. Miyazaki, M. Nakano, T. Noda, M. Uematsu and S. Kawata, CrystEngCommn, 2019, 21,1886-1894.

関連ウェブサイト
連絡先
ryutaishikawa[at]fukuoka-u.ac.jp