髙見澤 聡

たかみざわ さとし
Satoshi Takamizawa
横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科
教授
計画 A01
A01-02 研究代表者

専門分野材料化学・錯体化学

ソフトクリスタルの熱機械的評価手法ならびに制御手法の開拓

キーワード
有機超弾性
関連する研究者
研究分担者:黒田 玲子(中部大学総合工学研究所、特任教授)

研究概要

有機固体が発現する超弾性(“有機超弾性”)を基軸としてソフトクリスタルの形態制御ならびに物性変調への展開を行う。超弾性は形状記憶合金(もしくは超弾性合金)として知られる特殊な合金の特異な物理特性としてこれまで極めて限定的に発展してきた。有機超弾性は化学に現れた新しい固体特性であり、化学的手法による超弾性研究が可能な新しいステージに入っている。本研究では(1)有機超弾性結晶の創製および手法の開拓、(2)物性評価手法の深化発展、ならびに(3)超弾性とカップルする光学物性変調特性の開拓を目指す。

有機超弾性による力強い形状回復特性

代表的な研究業績

  • Shape-Memory Effect in an Organosuperelastic Crystal
    Takamizawa, S.; Takasaki, Y. Chem. Sci. 2016, 7, 1527–1534.
    DOI: 10.1039/C5SC04057D
  • Dynamic Gas-Inclusion in a Single Crystal
    Takamizawa, S. Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 7033–7036.
    DOI: 10.1002/anie.201500884
  • Superelastic Organic Crystals
    Takamizawa, S.; Miyamoto, Y. Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 6970–6973.
    DOI: 10.1002/anie.201311014

研究業績

種別

査読付学術論文

  1. "Ferroelasticity in an organic crystal: a macroscopic and molecular level study" H. S. Mir, Y. Takasaki, R. E. Engel, S. Takamizawa, Angew. Chem. Int. Ed., 2017, 56 (50), 15882–15885.
  2. "Twinning ferroelasticity facilitated by the partial flipping of phenyl rings in single crystals of 4,4-dicarboxydiphenyl ether" R. E. Engel, Y. Takasaki, H. S. Mir, S. Takamizawa, R. Soc. Open Sci., 2018, 5 (1), 171146.
  3. "An organoferroelasticity driven by molecular conformational change" H. S. Mir, Y. Takasaki, S. Takamizawa, Phys. Chem. Chem. Phys., 2018, 20, 4631–4635.

国際会議出席ならびに海外派遣

  1. "Discovery of Superelasticity and Shape-memory Effect in Organic Crystals" S. Takamizawa (Invited), International Conference On Martensitic Transformations (ICOMAT 2017) (Chicago, USA, Jul. 9-14, 2017)
  2. "Organosuperelasticity: New Physical Element in Chemistry" S. Takamizawa (Invited), The 23rd International Conference on the Chemistry of the Organic Solid State (ICCOSS XXII) (Stellenbosch, Republic of South Africa, Apr. 2-7, 2017)

関連ウェブサイト
連絡先
staka [at] yokohama-cu.ac.jp