岩佐 豪

いわさ たけし
Takeshi Iwasa
北海道大学大学院理学研究院
助教
A02

専門分野量子化学・分子物理学
公募班(2020-2021)

分子結晶の励起状態と発光機構

キーワード
分子結晶、少数多体系、量子化学計算、分子間相互作用
関連する研究者
研究協力者: 武次徹也(北海道大学大学院理学研究院、教授)

研究概要

ある分子群は、弱いマクロな刺激に応じて構造相転移を起こし、その発光特性が変化することが知られているが、このような様々な環境下における励起状態の理論的な解明に向けた取り組みが必要である。分子は結晶構造に対応して発光特性を変化させるため、多数の分子にかこまれた凝縮系における励起状態およびその緩和過程を調べる必要がある。本研究では、これらを考慮して励起分子の緩和過程を追跡するための手法開発を行い、分子間相互作用を含む凝縮相に適用可能な方法論へと展開することで、結晶多形に応じて発光特性を変化させる金錯体化合物の発光挙動の解明を行う。特に少数分子間の露わな相互作用や、環境との相互作用による構造緩和過程への影響などを明確にすることで、分子結晶の励起状態からの反応経路と発光機構を解明する。

分子結晶の発光機構解明に向けた理論手法開発
公募班(2018-2019)

分子結晶における励起状態と発光過程の理論的解明

キーワード
分子結晶、少数多体系、量子化学計算、励起状態分子動力学、非断熱遷移
関連する研究者
研究協力者: 武次徹也(北海道大学大学院理学研究院、教授)

研究概要

ある分子群は、弱いマクロな刺激に応じて構造相転移を起こし、その発光特性が変化することが知られているが、このような様々な環境下における励起状態の理論的な解明に向けた取り組みが必要である。分子は結晶構造に対応して発光特性を変化させるため、多数の分子にかこまれた凝縮系における励起状態およびその緩和過程を調べる必要がある。本研究では、これらを考慮して励起分子の緩和過程を追跡するための手法開発を行い、分子間相互作用を含む凝縮相に適用可能な方法論へと展開することで、結晶多形に応じて発光特性を変化させる金錯体化合物の発光挙動の解明を行う。特に少数分子間の露わな相互作用や、環境との相互作用による構造緩和過程への影響などを明確にすることで、分子結晶の励起状態からの反応経路と発光機構を解明する。

分子結晶の発光特性解明に向けた理論手法開発

研究業績

査読付学術論文

A02-11

  1. "Photo‐Induced Pyramidal Inversion Behavior of Phosphines Involved with the Aggregation‐Induced Emission (AIE) Behavior" T. Machida, T. Iwasa, T. Taketsugu, K. Sada, K. Kokado, Chemistry – A European Journal, 2020, in press.
  2. "Spiral Eu(III) Coordination Polymers with Circularly Polarized Luminescence" Y. Hasegawa, Y. Miura, Y. Kitagawa, S. Wada, T. Nakanishi, K. Fushimi, T. Seki, H. Ito, T. Iwasa, T. Taketsugu, M. Gon, K. Tanaka, Y. Chujo, S. Hattori, M. Karasawa, K. Ishii, Chem. Comm., 2018, 54, 10695-10697.
  3. "First Principles Calculations Toward Understanding SERS of 2,2′-Bipyridyl Adsorbed on Au, Ag, and Au–Ag Nanoalloy" M. Takenaka, Y. Hashimoto, T. Iwasa, T. Taketsugu, G. Seniutinas, A. Balčytis, S. Juodkazis, Y. Nishijima, J. Comput. Chem., 2019, 40, 925-932.
  4. "Combined Automated Reaction Pathway Searches and Sparse Modeling Analysis for Catalytic Properties of Lowest Energy Twins of Cu13" T. Iwasa, T. Sato, M. Takagi, M. Gao, A. Lyalin, M. Kobayashi, K. Shimizu, S. Maeda, T. Taketsugu, J. Phys. Chem. A, 2019, 123, 210-217.
  5. "Photoluminescence Properties of [Core+exo]-Type Au6 Clusters: Insights into the Effect of Ligand Environments on the Excitation Dynamics" Y. Shichibu, M. Zhang, T. Iwasa, Y. Ono, T. Taketsugu, S. Omagari, T. Nakanishi, Y. Hasegawa, K. Konishi, J. Phys. Chem. C, 2019, 123, 6934-6939.
  6. "Low-lying Excited States of hqxcH and Zn-hqxc Complex: Toward Understanding Intramolecular Proton Transfer Emission" M. Ebina, Y. Kondo, T. Iwasa, T. Taketsugu, Inorg. Chem., 2019, 58, 4686-4698.

関連ウェブサイト
連絡先
tiwasa[at]sci.hokudai.ac.jp