持田 智行

もちだ ともゆき
Tomoyuki Mochida
神戸大学大学院理学研究科
教授
A02

専門分野物性化学・錯体化学

光で創る金属錯体系ソフトクリスタル

キーワード
イオン液体、金属錯体、光反応、配位高分子、ソフトマター
関連する研究者
研究協力者: 角谷 凌(神戸大学大学院理学研究科、大学院生)

研究概要

金属錯体固体は通常、溶液反応によって合成される。ところが私達は、金属錯体からなる液体(金属錯体系イオン液体)を光反応で架橋させ、金属錯体系固体をその場構築する方法を考案した。本課題では、この原理を用いて独自の構造・形態を持つ機能性固体を構築し、その構造・物性を評価する。本課題の第一の特徴は、錯体系固体構築の新たな方法論を開拓する点にある。光で液体を固体に転換させるため、場所や形態を選ばず、次元性が異なる金属錯体固体を構築できる。第二に、この手法の適用により、従来型の結晶にない柔軟な構造・刺激応答性を設計できる。第三に、本課題は液体・ソフトマターからバルク結晶につながる広領域と関連しており、共同研究によって広範な展開をはかることができる。このように本課題では、「光で創る金属錯体ソフトクリスタル」の広範な物質開発を行い、その形態・構造・機能の制御を実現することを計画している。

金属錯体系イオン液体への光照射による多孔性アモルファス配位高分子の構築

代表的な研究業績

研究業績


関連ウェブサイト
連絡先
tmochida[at]platinum.kobe-u.ac.jp