酒田 陽子

さかた ようこ
Yoko Sakata
金沢大学理工研究域物質化学系
准教授
A01

専門分野超分子化学・錯体化学
公募班(2020-2021)

ベルト状金属錯体のイオン性結晶を用いた格子欠陥誘起型ソフトクリスタルの創製

キーワード
内在性細孔、ソフトクリスタル、金属錯体、格子欠陥、ベルト状分子
関連する研究者
研究協力者: 秋根茂久(金沢大学ナノ生命科学研究所、教授)

研究概要

本研究では、剛直な大環状ベルト状分子を弱い相互作用により連結し集積することで、新たなソフトクリスタルの創製を目指す。具体的には、堅い骨格を持つ屈曲型配位子と金属イオンから自己集合により多様なカチオン性ベルト状金属錯体「メタロナノベルト」を合成し、これを様々な非共有結合性の相互作用で連結することで、蒸気などの外部刺激に対して応答しやすい内在性細孔を持つソフトクリスタルの創製を行う。さらに、この内在性細孔を持つイオン性結晶に対して格子欠陥を積極的に導入することで、ソフトクリスタルの柔軟性の精密制御を目指す。本研究は、これまでに偶発的に発見されてきたソフトクリスタルをより戦略的に合成する上で重要ないとぐちを与えると考えられる。

ベルト状金属錯体「メタロナノベルト」を利用した新規ソフトクリスタル創製の概念図
公募班(2018-2019)

内在性細孔を持つイオン性結晶を用いた格子欠陥誘起型ソフトクリスタルの創製

キーワード
内在性細孔、ソフトクリスタル、金属錯体、格子欠陥
関連する研究者
研究協力者: 秋根茂久(金沢大学ナノ生命科学研究所、教授)

研究概要

本研究では、剛直な大環状分子を弱い相互作用により連結し集積することで、新たなソフトクリスタルの創製を目指す。具体的には、堅い骨格を持つ有機配位子と金属イオンから自己集合により多様なカチオン性金属錯体型マクロサイクルを合成し、これを様々な非共有結合性の相互作用で連結することで、蒸気などの外部刺激に対して応答しやすい内在性細孔を持つソフトクリスタルの創製を行う。さらに、この内在性細孔を持つイオン性結晶に対して格子欠陥を積極的に導入することで、ソフトクリスタルの柔軟性の精密制御を目指す。本研究は、これまでに偶発的に発見されてきたソフトクリスタルをより戦略的に合成する上で重要ないとぐちを与えると考えられる。

内在性細孔を持つ新規ソフトクリスタル創製の概念図

研究業績

査読付学術論文

A01-17

  1. "Efficient formation of [3]pseudorotaxane based on cooperative complexation of dibenzo-24-crown-8 with diphenylviologen axle" Y. Sakata, T. Ogura, and S. Akine, Chemical Communications, 2020, 56, 8735-8738
  2. “Functionalized metallonanobelt derivatives having quinoxaline scaffold prepared from a common precursor” Y. Sakata, Y. Furukawa, S. Akine, Tetrahedron Letters, 2019, 60, 2049-2053.
  3. "Host–Guest Complexation Using Pillar[5]arene Crystals: Crystal-Structure Dependent Uptake, Release, and Molecular Dynamics of an Alkane Guest" T. Ogoshi, Y. Hamada, R. Sueto, Y. Sakata, S. Akine, A. M. P. Moeljadi, H. Hirao, T. Kakuta, T. Yamagishi, M. Mizuno, Chemistry – A European Journal, 2019, 25, 2497-2502.
  4. "Metallonanobelt: A Kinetically Stable Shape-Persistent Molecular Belt Prepared by Reversible Self-Assembly Processes" Y. Sakata, R. Yamamoto, D. Saito, Y. Tamura, K. Maruyama, T. Ogoshi, S. Akine, Inorg. Chem., 2018, 57, 15500-15506.
  5. "Molecular weight fractionation by confinement of polymer in one-dimensional pillar[5]arene channels" T. Ogoshi, R. Sueto, M. Yagyu, R. Kojima, T. Kakuta, T. Yamagishi, K. Doitomi, A. K. Tummanapelli, H. Hirao, Y. Sakata, S. Akine, M. Mizuno, Nature Commun., 2019, 10, 479.

学会賞受賞

A01-17

  • 受賞タイトル:錯体化学会 令和2年度研究奨励賞:受賞者 酒田陽子:

関連ウェブサイト
連絡先
sakata[at]se.kanazawa-u.ac.jp